「これから陸上競技を始めたいけど、陸上スパイクや陸上スパイクピンの選び方がよくわからない‥。」

「何かおすすめの陸上スパイクピンがあれば教えて欲しい‥。」

こんな悩みや疑問にお答えします。

本記事のテーマ

【完全初心者向け】陸上スパイクピンの選び方

<スポンサードリンク>

記事の信頼性

この記事を書いている私は陸上競技歴22年で100mは10秒台の記録を持っています。

中学、高校時代は全国大会に出場し、400mRでは北信越高校総体優勝、インターハイ8位入賞しました。

現在も記事を書く合間に陸上選手としてトレーニングを続けています。

陸上スパイクピンの選び方

陸上スパイクピンは陸上競技場によって選び方が異なります。

陸上競技場は大きく分けてアンツーカー(土)オールウェザー(ゴム)の2つに分類されます。

アンツーカー(土)

学校のグラウンドや古い陸上競技場はアンツーカー(土)のトラックの場合が多いです。

アンツーカー(土)の場合、トンガリピンという先端が尖ったスパイクピンを選びます。長さは下記の種目別に分類されています。

短距離・跳躍・投擲:12mm〜15mm
中距離:9mm
長距離:6mm

※接地が不安定な場合は付属品のアタッチメントを使用します。アタッチメントにはピンの突き上げを軽減する効果があります。

スポンサードリンク

オールウェザー(ゴム)

新しい陸上競技場はオールウェザー(ゴム)の競技場がほとんどです。

オールウェザーとは全天候型とも呼ばれ、雨天時の競技にほとんど影響ありません。

オールウェザーの場合、先端が平らなピンを選びます。

オールウェザートラックは表面がツルツルしたノンチップトラック(新)と表面がデコボコしたトッピングトラック(旧)の2種類に分類されています。

ノンチップトラック

ノンチップトラックはグリップタイプのピンを選びます。長さは下記の種目別に分類されています。

短距離:8mm〜9mm
中距離:7mm

※アタッチメントは不要

トッピングトラック

トッピングトラックは二段平行タイプのピン(シルバーピン)を選びます。長さは下記の種目別に分類されています。

短距離・跳躍・投擲:8mm〜9mm
中距離:7mm
長距離:5mm

※接地が不安定な場合は二段平行タイプのピン(ブラックピン)と付属品のアタッチメントを使用します。

おすすめの陸上スパイクピン

個人的になるべく短めのタイプのピンをおすすめしています。

理由としては日本人はスポーツバイオメカニクス的にフラット接地が良いとされており、短いピンの方がフラット接地を意識しやすいからです。

ちなみにアンツーカーの場合は雨天時に泥濘ができる場合がある為、長めのピンをおすすめします。

天候に応じて臨機応変に対応しましょう。

<スポンサードリンク>

陸上スパイク(短距離)の選び方

陸上スパイク(短距離)の選び方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

参考記事:陸上インターハイ入賞者が陸上スパイク(短距離)の選び方を紹介!

最後に

いかがでしたか?

陸上スパイクピンも陸上スパイクやランニングシューズと同様にそれぞれの種目や用途によって選び方が異なります。

走りのタイプなどにより、短めのピンがいい場合もあれば長めのピンがいい場合もあります。

色々なピンを試しながら、あなたにあった最適な陸上スパイクピンを見つけていきましょう。