トリラピ実戦レポート

日経平均株価が2000年頃のITバブルと同じ高値水準に達し、さらに中国株ショックの影響で株価の上昇が停滞気味なので、資産活用のため、新たにFXにチャレンジします。

取引をするFX口座は、マネースクウェア・ジャパン。注文はトリラピにて行います。

実戦内容を紹介いたしますので、記事を読んでくださっているあなたのお役に立てれば幸いです。 

トラリピ設定内容は?

まずはトリラピ設定内容を紹介します。設定の考え方の説明は後ほどします。

設定内容①

取引通貨ペア EUR/JPY
売買 買い 売り
レンジ 90円~154円 106円~170円
注文金額 1,000通貨
値幅 0.2円
利益 200円(決算トレール有効)

設定内容②

取引通貨ペア EUR/USD
売買 買い 売り
レンジ 0.82ドル~1.448ドル 0.977ドル~1.605ドル
注文金額 1,000通貨
値幅 0.002ドル
利益 2ドル(決算トレール有効)

 

<スポンサードリンク>

設定内容を解説

設定内容を解説します。基本は、「トラリピ両建てのメリットとデメリットは?おすすめ戦略とは?」をもとに設定しています。

安定しているEUR/JPY、EUR/USDを選択

この通貨ペアを選択した理由は、2つあります。それぞれ低金利通貨であること、また取引高が全ての通貨において上位3位に入る通貨であるためです。

USD/JPYは、高値水準に近いこと、ドルの利上げ問題の方個性が不明確なこと、円がリスクオフで高くなりやすいこと、証拠金が足らないこと(笑)から、採用を見送ってます。

スポンサードリンク

両建てを実施

直近15年の安値と高値の差を5等分して、安値から4/5までの値幅は買いトラリピ、高値から4/5の値幅までは売りトラリピを設定しています。高値掴みと安値掴みを避けるためです。

決済トレールを有効にして利益を追求

利益を追求と損益拡大リスクヘッジのために、決算トレールを有効にしています。

決算トレールとは、次のような指値注文が行える機能です。

  • 目標利益となる価格より20pips上昇したら目標利益で決済注文が有効になる。
  • 目標利益となる価格から40pips上昇したら目標利益より20pipsで決済注文が有効になる。
  • 目標利益となる価格から60pips上昇したら目標利益より40pipsで決済注文が有効になる。
    (以下、繰り返し)

万が一、リーマン・ショックのような相場が発生して、価格が一方的に変動する相場でも買いと売りの両方のポジションを保有しやすくなるため、利益と損益拡大リスクヘッジが可能です。

ところで必要資金は?

直近15年の最高値または最安値になることを想定して、ロスカットを避けるために、すばり約1000万必要です。

<スポンサードリンク>

1週間稼働させた所感

実は、1週間ほど稼働させてます。

口座状況

サンプルとなる日数が少ないですが、毎日6,000円ほどの実現益があります。

ただ、両建てを採用しているため、利益より評価損が大きく発生しています。

なお、スタート資金は92万円です。

可能であれば、同じレンジで価格が上下して利益が上がってくるのを期待しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今後は月に1回以上の頻度で、レポートをしていくことを予定しております。

次回の記事もぜひご覧ください。

地元企業へUターン転職するも年収4割減で見事に失敗!これを機に金融の勉強を始める。趣味はマラソン、サブ3ランナーです。

こちらの記事を共有してはいかが?