メルカリ

最近、何かと話題のメルカリ

使わなくなった不用品などをメルカリに出品して小遣い稼ぎしている人も少なくないと思います。

私も不用品を出品したり、欲しいものを格安で購入したりとメルカリ生活を満喫しています。

そこで今回は、メルカリ初心者がハマりやすい落とし穴や注意点などをご紹介します。

そもそもメルカリとは?

メルカリとは無料フリマアプリのことです。

現在、4000万ダウンロードを突破したとのことで確実に会員利用者数が増えてきています。

基本的に登録はApp Storeなどから無料で出来ますが、友達からの紹介で登録するとお互いに300円分のポイントがもらえる為、お得です。

私も知人から紹介してもらい300円分のポイントをゲットしました。

<スポンサードリンク>

メルカリの専用とは?

出品時にコメント欄にて商品についての質問がされる場合があるのですが、メルカリのローカルルールに専用というものがあります。

購入希望者から「専用にしてもらえませんか?」とコメントされた場合、商品名に【〇〇様専用】と記載し、取り置きするというルールです。

勿論、ローカルルールなので専用になっていても別の購入者が購入する事は可能です。(出品者や購入者の評価が下げられてしまうリスクがあるので要注意)

稀に専用にしたまま購入手続きをしてくれない悪質な購入者もいるので、トラブル回避の為に商品情報欄に「専用不可」「専用は一週間以内まで」などの期間を明確にしておいた方が良いです。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>

メルカリ初心者がハマりやすい落とし穴とは?

メルカリに登録して「いざ、始めよう!」という初心者が最初にハマりやすい落とし穴や注意点をご紹介します。

支払方法や配送先の未設定

これは実際に私の知人がハマった落とし穴なのですが、購入手続きのボタンを押しただけで購入したつもりになっているケースです。

スマホ慣れしていない中年世代から上の世代は「操作が簡単」と言われているアプリでもなかなか操作が難しいようです。購入後の支払方法や配送先の設定を忘れないようにしましょう。

写真や商品説明・情報の確認不足

特に注意しなければならないのは写真です。出品者は一枚目の写真は見栄えのいいものを選びがちなので、二枚目以降の写真がある場合は必ず確認した方が良いです。

実際にあった失敗談をご紹介すると、購入する際に二枚目以降の写真(傷や汚れが掲載)を確認せずに購入してしまい、しかも配送料は購入者負担だったケースなどが挙げられます。

商品の状態配送料の負担にも必ず目を通すように心掛けましょう。

最後に

メルカリには禁止されている出品物などもあります。

利用する際にはメルカリのガイドに記載されているルールとマナーをよく守り、予期せぬことで利用制限や退会処分を受けないように気を付けましょう。

こちらの記事を共有してはいかが?