秋本治

今年、40年の歴史に幕を下ろした「こちら葛飾区亀有公園前派出所」作者の秋本治さんが4つの新作を発表したそうです。

しかも主人公は女性ということで、こち亀とはまた違った世界観が楽しめそうです。

そこで今回は4つの新作をご紹介させて頂きます。

BLACK TIGER-ブラックティガー-

まずは12月21日発売「グランドジャンプ」の「BLACK TIGER-ブラックティガー-」

黒髪の女ガンマンが銃撃戦を生き抜く本格西部劇で、11月に発売されたグランドジャンプには「女ガンマンが荒野に撃つ!!」といった告知が出たそうです。

<スポンサードリンク>

京都女学院物語-ファインダー-

次は来年2月発売「週刊ヤングジャンプ」の「京都女学院物語-ファインダー-」

京都・亀岡を舞台にした青春群像劇で、写真部所属の女子高生4人の青春を描くストーリーだそうです。

次に紹介する2作品は過去のシリーズが復活するそうです。

スポンサードリンク

Mr.Clice-ミスタークリス-

続いて来年2月4日発売「ジャンプSQ」の「Mr.Clice-ミスタークリス-」

命を落とし女性の体に脳を移植され、頭脳は男性、肉体は女性としてよみがえった主人公のスパイアクションで9年振りの復活です。

<スポンサードリンク>

いいゆだね!

最後は来年3月18日発売「ウルトラジャンプ」の「いいゆだね!」

ブラジル生まれのヒロイン、マリアが下町の銭湯を舞台に奮闘する人情物語だそうで、秋本さんは「両さんが自然に風呂に入っていても大丈夫かな」と早くも両さん復活を示唆するようなコメントもしています。

 最後に

いかがでしたでしょうか?

今年、40年続いた「こち亀」の歴史に幕を下ろし、読者としては少し寂しい思いでしたが、早くも新作の発表にわくわくしてきました。発売が待ち遠しいですね。

こちらの記事を共有してはいかが?