部活辞めたい

部活辞めたい

学生時代に取り組むこと。代表的なのはやっぱり勉強ですが、部活動も学生のうちに取り組む代表的なもののひとつではないでしょうか?

楽しいことばかりではなく、ツラいことも多いと思います。

練習がキツかったり、大会で結果が出なかったり、顧問の先生や先輩との人間関係がうまくいかなかったり、勉強との両立が大変だったり。

そんな悩みを抱えている学生やこれから部活に入ろうと考えている学生向けに、社会人生活10年以上のいい大人の著者が、部活動をやっててよかったなと思うことをまとめてみました。

進学・就職活動でプラスになる!

進学するときに、内申点として加点されたり、スポーツ推薦枠で進学できることもあります。

学生の方々でも、こういうメリットがあると知っている人は多いと思います。

あと、まだイメージしにくいかもしれませんが、就活するときでも学生時代に頑張ったもののひとつとしてアピールすることができます。

社員を採用する企業の立場としては、学生時代に何か頑張ってやり通したものを持っている人を採用したいと考えています。

その理由は、社会人になると、仕事はもちろんのことプライベートにおいてもさまざまな課題や試練が起こります。そんな試練にぶつかったときに、頑張り抜く力が必要になります。この力が備わっている学生を企業側は見定め、採用したいのです。

高い学歴も良い大学に入るために一生懸命頑張って勉強したという実績として解釈されています。それと同じように部活動の実績も一生懸命頑張ったものとして解釈されます。

著者も当時の人事に関わった人から部活動の内容を評価して採用を決めていただいたというお話しを伺いました。

部活動において、どのような結果を出すために、どのような努力をしたか。課題が見つかったときにどのように対処したかを具体的に話せるように日頃から意識して部活動に取り組んでおくと良いでしょう。

ただ、有名な大会に出場したとか、入賞したとか、そういうわかりやすい結果や成績を残していないと、その部活の内容を知らない評価者(面接官、人事担当など)の場合、なかなか評価されにくいことがあります。

そういう意味では、偏差値という数字で学校を単純に比べるのと同じような厳しさがあります。

<スポンサードリンク>