やるべきだった3つの逆質問

「最後に何かご質問はありますか?」

採用の選考が進んでいくと面接の最後で試験官から質問させてもらえる機会が与えられることがあります。いわゆる逆質問というものです。

逆質問は、自分の意欲をアピールする場としても活用できますが、“入社後に「思っているのと違った!」と思うのを防ぐ場”としても、大いに活用すべきです。

転職を失敗したと思った著者は、面接のときに次の3つの逆質問をしておくべきだったと反省しています。

  • 入社後に取り組む業務内容を具体的に教えてください
  • 中途採用者向けの教育はありますか?
  • 個人ごとに目標設定する制度はあるでしょうか?

という質問です。

なぜ、このような逆質問をしておいた方がよいと反省しているのかを解説していきます。

入社後に取り組む業務内容を具体的に教えてください

転職を検討しているのであれば、前職や現職で経験していると思いますが、一旦配置されたポジション(業務分担や人間関係、上下関係など)から抜け出すのはかなり難しいです。

僕が転職した会社の求人募集の業務内容欄には、

  • 総務関係
    • 全店分の人事・労務全般
    • 会議資料作成・会社行事資料作成
    • 各計画資料作成
  • 経理関係
    • 全店分の売上・仕入・集計業務
    • 財務管理・手形管理等
      • いずれ中核となっていただける方

と書いてありましたが、実際に入社してみると封筒のベロ折りや、収入印紙貼り、倉庫の整理など、失礼だとは思いますがアルバイトで行うような仕事しかやらせてもらえませんでした。

いつまでこの状況が続くのか先輩社員に聞き、「2年後に60歳となり定年を迎える社員が退社すれば、その社員の仕事を誰かがやることになるので状況が変わるよ」とのことでしたが、1年半が過ぎても業務の引き継ぎや割り振りが変わる様子もありません。どうやらその定年を迎える社員が高齢者再雇用を希望したため、さらにこの状態が続くようになったそうです。

このように、僕の事例の場合、定年退職予定者が予定通り退職しなくなったという条件ではありますが、一旦割り振られた業務以外はなかなか携わらせてもらえません。30歳前後、働き盛りの人間が典型的な雑務しかやらせてもらえないという状況が続くこともあるのです。

しかも、既存の社員が、自分の仕事が無くなることを恐れたり、「どのくらいの業務レベルを持ち合わせているか分からない人に業務を任せたくない」という難癖を付けたりして、新入社員に業務を分け与えないということもあります。実際に、「人の業務を奪うような真似はしてはいけない」と言われました。

そのため逆質問で、「どのような業務をやることになるのか?」、できればさらに「2年後にはどんな仕事をできるようになる必要があるのか?」といった逆質問をして、具体的な業務分担計画があるか確認するようにしましょう。

<スポンサードリンク>