新卒メリット

会社員にならなくてもお金を稼ぐ方法や人生を楽しむ方法は世の中に存在するけど、新卒採用で会社に入ること、入ろうとすることにはメリットがいくつかあります。

今回は、採用面や給料面、そして同期が多いというメリットを紹介します。

就活・就職したくない学生さんにとって、メリットが有効活用できそうか参考にしていただければ幸いです。

採用面や給与面などで優遇されている

中途採用がもはや普通となりつつありますが、やっぱり新卒採用は色んな意味で優遇されていて強いです。

仕事に関する大きな実績や実力よりも、志望動機や熱意そして人間性などが評価基準のウェイトが高く採用してもらえます。その一方で、人材の奪い合いが激しい市場なので、会社同士の雇用条件の競争が起こっているため、給与面などが中途採用よりも良くなることもあります。

長野の某会社で人事担当をしている知り合いが、中途採用より新卒採用のほうが競争が激しいので、中途採用より新卒採用の方が給与を高く設定していると言ってました。
(実話です。中途採用の僕を前にして言ってました。チクショーめー!)

そして、教育などももちろん新卒採用の方が手厚いです。

<スポンサードリンク>

社会人に必要な知識やスキルを身につけられる

入社をするとほとんどの会社で新入社員研修があります。会社の概要説明の他に、商品や業界についての説明、名刺交換、電話応対やクレーム対応などのビジネスマナーなどの幅広い分野の研修があります。

会社に入っていなかったら、このような研修は参加費として数万円を自腹で受けることになりますが、会社員になって、新入社員のうちほぼ全て無料で受けることができるでしょう。

また、研修が終わってからは、業務の一環で、社内(組織内)での立ちまわり方や取引先とのやり取りの仕方や交渉技術、また関連法規やビジネスモデルなどを勉強することができます。

「将来は独立するからサラリーマンの経験なんていらない。」と思うかもしれません。

ただ、独立してその後会社を大きくするときには、人の力を必ず借りる時期が必ずやってきます。会社員だったときのスキルやどんな気持ちで働いていたかという記憶が必ず役に立つ時がきます。

ちなみに、中途採用だとスキルは備わっていてか、自分で学習するのが当たり前だと思われがちで、悲しいですが手厚い研修がないのが基本です。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>

同年代の同期が多い

ほとんどの会社が新卒採用の新入社員は4月から働き始めます。

入社式があり、研修がありとしばらくは同じカリキュラムを同期という仲間と一緒にこなして行きますので、仲間意識が高くなります。

仲間というのは、あると当たり前に感じますが、ないととても尊く感じるものです。

社会人になると楽しいこともありますが、辛いことも必ずあります。

そんな楽しいこと辛いことを共有して、支え合える仲間の存在はとても大きいものです。

中途採用だと、なかなか同時期に入社をする同世代の人はいないでしょう。当面は、周りの社員全員に気を使いながら過ごすこととなります。

最後に

いかがでしょうか?

人生は十人十色なので、このメリットが活きる人がいれば、活きない人もいるかと思います。

うまく活用して豊かな人生を歩むひとつのきっかけにしていきましょう。

地元企業へUターン転職するも年収4割減で見事に失敗!これを機に金融の勉強を始める。趣味はマラソン、サブ3ランナーです。

こちらの記事を共有してはいかが?