仕事すぐ辞める

「転職してすぐ辞める人って、単に根性ないんでしょ?」って思いますよね?

著者もそう思っていた時期がありました。しかし、前職を7年間勤めていた自分も転職先での「とある体験」によって、すぐ辞めたいと思うように。

特に、継続して仕事を行っていくうえで大切な「人間関係」を中途採用だと直ぐには築くことが難しいため、転職で実現しようとしていたことが実現できなさそうであると感じると「辞めちゃおうかな」と思う実体験をしました。

転職を検討している人は、同じ経験をしないように、ぜひ参考にしてください。

どうして転職をしたのか。当時はポジティブだった転職した背景。

「転職をする理由」や「失敗したと思う基準」は、人それぞれだと思うので、まず著者の『転職した理由』を説明します。

『転職した理由』は、第1の理由は、「地元へのUターンをしたかったから」。地元に両親がいますし、将来を見越してやはり帰るべきかと考えてました。

ただ、転職できればどんな会社でもいいとは考えてはいませんでした。下手な転職は、『破滅への第一歩』と成りうると感じてたので、比較的安定した企業でやりがいのありそうな仕事の求人を探していました。

そのため、在職中に良い求人をひたすら探し、待ち、求人が見つかれば応募し、ときには不採用となり。。。という転職活動を行い、活動開始から転職先決定まで約2年かかりました。

ちなみに、前職の不満点としては「地元に転勤先がない」、「業務量が多い」という点のみで、人間関係も良く、ある程度の大きな仕事を任せてもらい、やりがいを感じる一定の満足感のある会社でした。
※案の定「なぜあんないい会社を辞めたのだろう」と思いました(笑)

なお、転職により、業界、業種、職種、会社の規模のあらゆる部分が変わっています。

インターネットサービス関連の中堅企業(大企業とは言えない)で商品企画業務をやってましたが、中小企業の総務職で経理、人事、総務をやることになりました。

これまでと全く異なる新しい分野へのチャレンジでしたが、会社という組織を大いに勉強できる良い機会だと感じ、ポジティブな気持ちで転職しました。

<スポンサードリンク>

入社1ヶ月経っても仕事がない。

しかし、苦悩の日々は、入社から2日目ぐらいの早い段階で始まりました。仕事を与えてもらえないのです。

業務を振られるとしても数分で終わる簡単な業務ばかり。

上司に、もらえる仕事がないか伺うも「社内的にも機密な業務しかないので、振れない」の一点張り。やることが無く自席に座って、自発的に会社規程や社内報を読む日々が続きます。

ちなみになぜ新たに人を採用したのかというと、2年後に控えた定年退職となる社員の人員補充とのこと。

仕事が無い。ただ上司と先輩社員は「忙しいなぁ」と言いながら残業しているという職場環境に監禁される日々が月単位で続きます。

「なぜ自分を採用したのか」、「なぜ残業している分の業務をこちらに振らないのか」と上司に対して不信感が芽生え、そして「試用期限中に解雇されるのでは?」という強い不安にかられるようになります。

どう頑張っても5年間役職は上がらず昇給がないことを知る。

転職によって、年収が300万前半まで下がりしました。前職から4割ほどのダウンです。

田舎だししょうがないと思ってましたが、ある日、6年前に中途で入社した先輩社員と外出する機会があり、仕事が無いことの悩みを聞いてもらいました。

どうやら先輩社員も同じ境遇にあったらしいのです。「半年間はやることがなくて飼い殺しかと思った。」と先輩社員。

「そんなことをしてて給与とか上がるんですか」と聞いたところ「うちは、商社だから営業職以外は、5年間どう頑張っても昇格はないよ。俺も我慢したよ」と。。。
この会社は昇格=給料アップという人事制度のため、5年間は300万前半が確定していることになります。

仕事に対するやりがいのひとつを失った瞬間。そして人生に大きな不安を感じ始めた瞬間でした。

上司との面談で論理破綻している指導が入る。

入社して4カ月ほど、決算賞与があるってことで、上司との個人面談がありました。

上司から言われたフィードバック内容は、次のとおりでした。

  • 君はまじめだと思う
  • 歩くときの足音、電話を置く音がうるさい
  • この会社はオーナー会社で独特の特徴があるから、その特徴に慣れろ
  • 最近仕事をくださいと言って来てないよね?
  • 矛盾すること言って申し訳ないが、与えられる仕事がないけど、仕事のなかで仕事を覚えてね
  • 調べごとは先輩に聞けよ。パソコンで調べて何回も調べられるうからも頭に入らないからダメだよ。

 

そして、以下の上司とのやりとりである。

私:仕事をほしいと前々から言ってましたが?

上司:仕事がほしいと言ってくる回数が少なかった。

私:言っても社内的に秘密で頼めないと言ってましたが?

上司:実際に秘密の仕事しかない。○○くん(なぜか上司のもう一人の部下の名前が出る)と申し訳なく思っている。

 

私:仕事がないなかで、仕事をやりながら、仕事を覚えろって無理じゃないでしょう?

上司:だから矛盾していて申し訳ないと言ったんだけどさぁ(呆れ気味)

「歩く時の足音、電話を置く音がうるさい」というのは、気を付けるとして、他のフィードバックは矛盾点、突っ込みどころ満載。ちなみにこの上司は、新卒でこの会社に入ったので他社を知らず、慣れろと言っているこの会社の独特の特徴が何かは知らないはずなのです。

この上司は、普段から皮肉を言うことが多いため以前から良い印象を持っていませんでしたが、この日を境に完全に信用できなくなりました。

こうしてこの転職は失敗だった。すぐ辞めたいと思うように。

人間関係も悪い。頑張っても評価されないし、給与が少ない。やりたい仕事ができない。そもそも仕事が無く頑張りようがない。

ここまで来ると転職先で前向きに仕事をすることができなくなって、「仕事をください」という一言も言えなくなってしまいました。

今、この会社にいる時間がもったいない。死んでるように生きてるだけと思うようになって、入社後半年後には新たな転職先を探していたのです。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>

最後に(転職後にすぐ退社しないために)

転職をすると、入社後に少なくとも会社に試されていると感じる(思い込む)ようになり、焦っていろんなことでプレッシャーを感じ易くなります。

一方で、会社も中途採用だからと過大な期待をしがちです。例えば、会社の制度は会社ごとに違うにも関わらず、特に説明もなく読み取るのが当たり前といった認識などです。私の場合は、会社の取り扱い商品や組織概要の説明すらありませんでした。

このようなことから、ストレスを感じる出来事は必ず起こります。転職後に、そのストレスに打ち勝つ精神状態を保ち、仕事をするためにも転職によって実現したいことをしっかり整理をして、それが実現できる会社に転職するようにしましょう。

また、面接では採用されることばかり考え控えめになりがちですが、面接の後半に設けられやすい質問をする場で、会社の特徴や転職で実現したいことが実現できそうかを確認するようにしましょう。

最後の最後に

昔の標語に、「転職は路頭に迷う第一歩(福岡地方鉱業報国連合会、昭和15年)」というのがありそうです。

この標語は、あながち大げさなことではなく、自分は今回の転職で「人生の大きな失敗をした」「また転職しようにも同じ失敗を繰り返すのでは?」などと考えるようになり、自己否定・自己無能感・焦りから精神的にかなり衰弱しました。

次の転職先を探そうにも、新たに転職活動を始めれるほど活動的になれない精神状態で、後先考えずに退職しかねませんでした。もしそうしていたらいずれ路頭に迷ってしまっていたかもしれません。

繰り返しになりますが、転職活動は慎重に進めるようにしましょう。

地元企業へUターン転職するも年収4割減で見事に失敗!これを機に金融の勉強を始める。趣味はマラソン、サブ3ランナーです。

こちらの記事を共有してはいかが?