Uターン転職志望動機解説

Uターン転職の志望動機の書き方について悩んでいませんか?

Uターン先となる田舎は、都会に比べて企業が少ないので、現職や前職とは異なる業界、業種、職種に挑まざるおえないことが多く、志望動機・理由がなかなか書きにくくなりがちではないでしょうか?

一応、応募した会社の書類選考は全て通過している著者のUターン転職経験より解説していきます。

また、記事後半には実際に使用した志望動機の一部を公開してますので、ぜひ参考にしてください。

地域貢献だけじゃ弱い。当たり前のことだけど即戦力がほしい会社

中途採用をする会社は、即戦力を求めてます。

社会人としてのマナーはもちろんのこと、業務での貢献度なども期待しています。

また、会社側は、人を採用することにより、新たに人件費を払うことになります。

さらに、正社員の場合は、採用して試用期間を経過すると解雇するにも正当な理由がないといけないという法律があることから、田舎の会社でも採用は慎重になります。

そのため、地元に帰りたい気持ちが強くても、「自分はこんなスキルがある!こういう仕事で役に立てる!」という強みをアピールしていく必要があります。

そういった意味では、通常の転職活動と基本的には同じ要素が必要です。

<スポンサードリンク>

じゃあ異業界、異業種、異職種へどう強みをアピールすればいい?

現職や前職でやっていた仕事を細分化していくと色んなスキルが自分にあることに気がつきます。

例えば、商品企画業務を行っていた方は、前職の業界のマーケティングや商品知識だけしないように思われますが、社内の様々な人と話し、売れる商品を作るという仕事に携わっていたと思いますので、コミュニケーション能力や渉外能力という能力があると言えるでしょう。

また、商品開発にあたって費用対効果をExcelなどで計算していたのであれば、Excel操作能力も強みとなります。

そうすると、業界、業種に関わらず営業、事務、経理、総務、経営企画などのへの職種に対して、強みをアピールしていくことができるでしょう。

ただ、いくら自分のスキルや強みを発掘しても、アピールするものが、会社で求めているスキルに合致していない場合は、必要とされる人材と見てくれず、採用の対象外となってしまうので、しっかりと求人内容や会社の業務内容を研究し、ニーズを把握するようにしましょう。

能力やスキルの他に志望動機に書くことは?

「会社に適した能力を持った人が入ってきてくれるかも?」となったら、他にどういうことを会社は、人材に求めるでしょう?

「長く働いて会社に貢献くれるか」です。中途採用と言えど多少の教育は必要ですし、採用活動をするにも時間や費用などのコストがかかるので、何回も採用をするわけにはいきません。

他に魅力的な企業があったら辞めてしまうようなリスクのある人材は採用したくないでしょう。

また 転職活動をする人は、以前に退社しているか、または退社しようとしている実績がある人なので、なおのこと「すぐ退社してしまうのでは?」と疑われます。

そのため「なぜ、この業界を選んだのか?」「なぜ、この会社を選んだのか?」について、矛盾のないしっかりとした内容を書かなくていけません。

なお、面接時等ではよく「なぜ、現職を辞めるのか?(前職の退社理由は?)」と聞かれます。

この回答が、志望動機に矛盾しないようにしなければいけませんので、こちらの回答と合わせて準備するようにしましょう。

他に何か書いた方が良いことってある?

人事担当者の知り合いと話したときに「学歴ってどこまで採用に影響する?」と質問したことがあります。

知り合いは、「学歴?影響するよ。少なくとも学歴がある人は難関大学に入るために努力した実績があっることだからね。

フィルタとして使うには一番手っ取り早いよ。他に長年頑張って成し遂げた実績があるなら学歴以上の強みになるね。例えば部活とか。

だって、色々耐えて頑張れる人じゃないと期待できないじゃん?ちなみにスポーツバカはダメだけどね(笑)」と言ってました。

長く頑張ってきたこと、忍耐力があることをアピールできるものがあれば、強みとして書くと良いと言えるでしょう。

ただ、現職(前職)や求人内容の業務と直接関係がないのであれば、本職を最優先としない人と思われてしまう恐れもあるので、記載する優先順位は低くする(職務履歴書の後半や趣味欄に書く程度)で、さらっとアピールする程度が望ましい良いでしょう。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>

実際に使った志望動機の一部を公開

ここでは著者が実際に使った志望動機を公開。
(一部伏せ字とさせて頂きます。)


私は、これまで○○サービスの商品開発に従事するうえで、市場や地域属性を調査して参りました。

その中で日本国は超高齢化による労働力確保の観点から政府が推進する女性活躍の必要性を理解致しました。

女性が労働力として社会で活躍する場合、これまでの主婦に代わり、食卓に食品をお届けする産業のうち主に中食産業の重要性を感じました。

そうした中、貴社は、中食産業で必要となるお客様のニーズに合わせた○○の提供に推進され、市場へ大きくご貢献されていることを知りました。

私は、これまでの商品開発に従事する中で培った統括能力、Excel操作能力を貴社が求人募集を出されている経理・総務職にて活かし、労務や会計の業務にて貴社への貢献を行い、貴社を通じ、中食産業の更なる発展、さらには私の地元である長野県への地域貢献を実現したいと思い、応募させていただく次第です。


 最後に

Uターンのための転職活動は、通常の転職よりも深く考察しなければいけかったり、試験会場が遠方だったりと、労力がかかります。

後悔のないUターン転職を成功させるために、自分の能力の深堀だけではなく価値観を再確認するようにしましょう。

また、入社してからの認識祖語が起きないよう会社の仕事内容や今後の成長戦略などを調べたり、面接時に質問するなど、最善の努力をするようにしましょう。 

地元企業へUターン転職するも年収4割減で見事に失敗!これを機に金融の勉強を始める。趣味はマラソン、サブ3ランナーです。

こちらの記事を共有してはいかが?